【第4期オンラインクラス】

【第4期オンラインクラス】構図についてです!こんにちは!アシスタントの水谷です。

まず、オンラインクラスも前回の復習からです。
前回はシャッタースピードについてレッスンを行いました📸⭐️手ブレしにくい姿勢と撮り方シャッタースピードを設定して、自分の体幹の限界に挑戦です!自分が三脚になったつもりで撮るのがポイントです。
そして、壁があれば壁にもたれたり、座れるなら座って撮ったり、手ブレを減少させることができる状況であれば、それも最大限に利用しましょう。

⭐️今日の本題!構図について

①写し方・縦、横・水平、斜め・アップ、引き・ハイポジション、アイレベル、ローポジションの要素があります。ちょっとした要素に感じるかもしれませんが、これらの要素をかえるだけで写真の印象はかなり変わってきます。写真の中にどんな要素を入れるか、何を主役にするかなどシーンごとに構図を変えて行きます。

最初のうちは、同じ被写体に対していろんな撮り方をしてみるのがポイント!編集の際に、自分のイメージにぴったりな写真を選びましょう。

「この写真は縦構図のが良かったかな…」なんて後で思っても撮り直しできませんので!一通り撮ってみて感想シェアタイムです!

「斜めに撮るだけで、同じ被写体なのに全然違う。動いているみたい」
「すごい雰囲気が変わる」
「上から撮るのが多かったから、真下から撮ってみるのも楽しかった」
「光の向きも変わってピントを合わせるのが難しかったけど、印象がすごい変わって面白かった」

②構図パターン
・日の丸構図 
・三分割構図この二つの要素を覚えるだけでかなり写真のパターンは増えます!

たった二つの要素ではありますが、この二つのパターンに縦横、水平などの上記の要素を加えると写真の印象は変わり、より自分が伝えたいメッセージに沿った写真を撮ることができます。
三分割構図を活用した写真を載せておきますので、ご参考に

🌟今までの要素を撮ってみての感想シェア!

「背景が同じだけど、三分割の交点を変えるだけで全然違う」
「見せたいものがより目立ってきた」
「見え方がすごい変わるから、撮り方を工夫するのがすごい面白い」

何気ない要素を変えるだけで自分の引き出しが増えるのがすごく楽しそうな様子でした!私も一緒に撮ってみて、今まで手癖で撮っていた部分を実感しました。カメラの向きを変える、たったそれだけでも写真の印象はガラリと変わります。最近写真を撮り始めた方も、カメラ使いこなしている!という方もぜひ、一度1つずつの要素を試してみてください!新しい写真に出会えると思います

⭐️写真教室komugiでは、コロナの影響で6月より第4期を再スタートしました。
そうした中でも途中入会や多くのお問い合わせをいただくという嬉しい状況です。なので、予定より少し早めて第5期をスタートすることにしました!ご興味がある方はお気軽にご連絡ください( ˆoˆ )/※コロナ対策のため、通常の定員数より少なくしております。